忍者ブログ
巻き爪の治療方法がこんなに簡単になっているなんて。知る人は知り、知らない人は全然知らないこの格差。いかに情報が大切かが身にしみました。そこで、ここで皆さんに京都にいようが、どこにいようが「巻き爪ブロック」による自分で自宅で行う治療方法をご紹介します。
05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    巻き爪ブロック
    もっと早く、
    こんな商品が欲しかった。

    巻き爪がこんなに簡単に
    自分で治せるなんて!!
    ブログランキング
    ブログランキング

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    巻き爪治療の基本的な考え方はいつ出来た?

    巻き爪の治療方法はどのよな経過を辿ってきたのでしょうか?


    実は現在のように爪の両端を持ち上げるという発想は案外早くて、
    1938年の英国で、爪の両端を引っ張り続けることで巻き爪を矯正出来るという
    成果があるというものでした。

    このような矯正方法をとれば完治することが実証されて以来、
    ヨーロッパでは「巻き爪矯正メソッド」が進化して来ました。

    しかし、両端を無理なく引っ張り続けるかが課題でした。

    [巻き爪ブロック]によって初めて簡便な方法で、
    しかも自分で治療を施すことができるうえ、
    装着してすぐに痛みが緩和するというのは非常に便利です。

    巻き爪 自分で治療
    巻き爪治療


    しかしこれまでは、あくまで自分で行うのではなく、
    医師などが治療するというものです。

    従って、なかなか医師のもとを訪れることが出来ないような人は、
    なかなか治療を受けずに放置している人も少なくありませんでした。

    また一方では、爪のトラブルの治療を専門的に行うような医師は多くありません。

    機会が少ないと医師の関心も多くないという事情もあったようです。
    現代でさえ、医療機関においても情報の量によって対処方法が違います。

    中には、かつて行っていたような、

    • 巻き爪を切ったり、剥いだりする
    • 巻き爪を溶かしたりする

    という医療機関さえ未だにあるようです。

    「巻き爪ブロック」は先に示した「巻き爪矯正メソッド」
    基本の考えに置いて誰でもお手軽に使える日常生活ケア用として
    製品化したものです。

    巻き爪マイスター

    巻き爪ブロックが出来る以前でも、
    病院などでは医師が対象の爪を両端で持ち上げて、
    爪の真ん中でワイヤーをひねり上げて止める方法が
    行われてきた医療機関もありました。

    けれども、この巻き爪ブロックは、
    その考え方をより便利にしてもう一歩も二歩も進めています。

    しかも、自分にあった持ち上げ強度が必要ですから、
    どんなに歪みが強い巻爪であろうとも、
    自宅に居ながら簡単に矯正していくことができる
    というのが最大のポイントです。

    ですから、巻きが強い爪にはそれに必要な爪の両端を持ち上げる強度を持ち、
    巻きがそんなに強くなければ、
    それなりの「強度のバネ」を使用できるというものです。

     
    バネは通常コイル状に巻きますが、
    巻き爪ブロックは医療用具として扱えるように
    横に広げています。


    自分では上記のように,

    1. 強さ(矯正力)は、3種類 から、
    2. サイズは、13種類 から選べるように工夫されています。

    このように自分にあった段階を経て使えるようになっていますから、
    販売に当たってかなり慎重に工夫をした様子が伺えます。

    事実、2年余りの歳月が必要だったともいいます。

    この矯正器具「巻き爪ブロック」があれば、
    「巻き爪矯正」を人目に知られることなく、
    堂々と何食わぬ顔で簡単に自宅で治療を続けることが出来ます。

    自分で自分のいい時間に巻き爪治療ができます。
    是非、積極的に活用して、早期完治しましょう。 ⇒ 巻き爪 治療 福岡

    PR

    巻き爪治療は自分で出来る

    これまでは、巻き爪治療も医師などのお任せでしかありませんでした。
    ですから、仕事で忙しい人は、なかなか治療に踏み出せなかった人もいました。

    ちょっと前までは、爪の両端を持ち上げるという発想はありましたが、
    れも病院で行うというものが主流でした。

    最近でこそ、巻き爪専門店も出来たりしていますし、
    中には接骨院をはじめとした治療院でも施術するところが出てきています。

    きっと卸しの問屋関係がこうした施術もあるよと言っては、
    持ちかけているんでしょうね。

    ただし、巻き爪は本来、そんなに難しいものではありません。


    巻き爪の原因を知り、ちゃんと予防して、
    巻き爪治療も並行して行うことができるのが理想です。

    その理想を実現したのが⇒「巻き爪ブロック」
    携帯からはこちら>>> 自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】


    PC、スマートフォンは ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



    巻き爪 治療 山形

    巻き爪を自分で治す矯正法なら、開発者のエピソードを知ろう

    これまでの巻き爪の治療方法は自分で治すことより、
    先ずは病院で何とかしてもらおうということばかりではなかったでしょうか。 




    自宅で治療する為には、工夫が必要でした。

    上記の写真のような用具などを使いながら、
    自宅で治療出来るとはまだまだ先なのかと思いましたが、
    開発者のエピソードもありますね。

    実は、開発者の母親が脳血管障害で倒れたんです。
    当然、一命を取り留めたとなれば、リハビリをして一刻も早く歩くなどの訓練が必要です。

    しかし、お母さんはどうしてもその気になりません。
    詳しく尋ねてみると、巻き爪でつま先が痛かったようで、リハビリ以外の要因でした。

    それならば、何とかしなくてはというので巻き爪の治療方法を探しましたが、
    お母さんは痛みを伴う治療は受け付けてくれません。

    そこで、自分なりに工夫して足の親指が痛いという爪の両端を持ち上げる工夫をしました。
    試行的に着装してみると「何かやったのかい?痛くないよ」とのこと。

    これがきっかけになって、2年近くの試行の末に商品となったのが
    「巻き爪ブロック」になったわけです。

    携帯からはこちら>>> 自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】

    PC、スマートフォンは ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


    いや~、ひとはどんなことがきっかけで新しい発想が出てくるか、
    そのお手本のような話ですね。

    しかし、その技術の土台はありました。
    コイル状にばねを巻きつけるというのもので、
    そのことで爪の歪みを両端から持ち上げて矯正しようとするものです。


    いちいち病院に出かける時間も、費用も、労力も小さくなります。
    是非、一度試してみては如何でしょうか。

    お値段ですが、当面は3000円のものと3600円のものがありますよ。

    巻き爪をテーピングは有効か?

    巻き爪に対するテーピングというのは、親指などの前方側から爪を押し上げたり、
    上からシールなどを介して持ち上げたりする方法です。

    しかし、軽度な巻き爪には有効かと思いますが、
    程度が進んでくると効果が上げにくいのではないのでしょうか。

    その点からは、上部から持ち上げる巻き爪ブロックが有効ではないのでしょか。



    上記の表ですが、爪の長さ、大きさだけでなく、
    爪の反りの強度なども考慮した組み合わせが用意されています。

    このことによって、
    ほとんどの人が巻き爪ブロックによって対処できることになります。

    注意書きにもありますように、
    かなり強く曲がった爪でも「W掛け」といって、
    2種類のバネを重ねて使うことによって、極めて強い効果を上げることが出来ます。

    他の治療法では、自分で行えないようなことも出来るように工夫されています。

    テーピングを考えている方は、より幅広く対応できる
    「巻き爪ブロック」をお勧めします。

    携帯からはこちら>>> 自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】

    PC、スマートフォンは ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

    巻き爪は自分で治せる

    へ~っ。
    ネットで巻き爪の治療方法を探していたら、
    「何だ~っ」と思えるほど簡単なんですね。

    昔は、巻き爪といえども、病院にわざわざ出かけた人もいると聞きました。

    でも、こんなに簡単な治療用具があるなんて、知りませんでした。

    最近は、似たような方法のものは前からあるそうです。
    これは、わざわざ病院で治療してもらうんですが、
    ワイヤーでもって巻き爪の両端を持ち上げるのは同じなんですが、
    ちゃんと医者がやるからお金が余分にかかるんです。



    この方法は、ちゃんとネットでも載っていて、
    巻き爪治療の方法のひとつとして紹介されています。

    イギリス、ドイツなどから来たようですが、
    今では似たような方法で病院ではなく、
    治療院みたいなところでもやれるような簡単な方法もあるようです。

    それでも、ここでご紹介する方法なら爪の両端を持ち上げるだけですから
    発想は実に簡便なものですね。

    こんな簡単な巻き爪治療なら、誰でもどこでも自宅に居ながら出来てしまいます。

    どうしてもっと早く作ってくれなかったの?

    ⇒ 巻き爪 自分で治療




        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]
    \