忍者ブログ
巻き爪の治療方法がこんなに簡単になっているなんて。知る人は知り、知らない人は全然知らないこの格差。いかに情報が大切かが身にしみました。そこで、ここで皆さんに京都にいようが、どこにいようが「巻き爪ブロック」による自分で自宅で行う治療方法をご紹介します。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    巻き爪ブロック
    もっと早く、
    こんな商品が欲しかった。

    巻き爪がこんなに簡単に
    自分で治せるなんて!!
    ブログランキング
    ブログランキング

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    巻き爪をテーピングは有効か?

    巻き爪に対するテーピングというのは、親指などの前方側から爪を押し上げたり、
    上からシールなどを介して持ち上げたりする方法です。

    しかし、軽度な巻き爪には有効かと思いますが、
    程度が進んでくると効果が上げにくいのではないのでしょうか。

    その点からは、上部から持ち上げる巻き爪ブロックが有効ではないのでしょか。



    上記の表ですが、爪の長さ、大きさだけでなく、
    爪の反りの強度なども考慮した組み合わせが用意されています。

    このことによって、
    ほとんどの人が巻き爪ブロックによって対処できることになります。

    注意書きにもありますように、
    かなり強く曲がった爪でも「W掛け」といって、
    2種類のバネを重ねて使うことによって、極めて強い効果を上げることが出来ます。

    他の治療法では、自分で行えないようなことも出来るように工夫されています。

    テーピングを考えている方は、より幅広く対応できる
    「巻き爪ブロック」をお勧めします。

    携帯からはこちら>>> 自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】

    PC、スマートフォンは ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

    PR

    [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [1]  [2


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]
    \